★平成22年6月新規開業いたしました。★
 
 


 心療内科・精神科・神経科をお探しなら神戸市東灘区の大原こころのクリニックへ 

 

rss

うつ病、うつ状態について(1):うつ症状の多層性

うつ病、うつ状態について(1):うつ症状の多層性

 

うつ病・うつ状態について

うつ病は、意欲がでない、気分が落ち込む、眠れない、死にたくなる、などが主症状で、最近は一般の方にもよく認識されています。

 うつ病・うつ状態というと単一な病気があるものと思われるかもしれませんが、実は様々な疾患のあつまりであると理解するほうが現時点では適切のように思われます。上図の内因性軽症うつ病を典型的なうつ病と理解すると、それを中心として様々なうつ状態が存在しています。さらには中心部のうつ病も単一性と決していえないもので、その多様性については議論されています。

この様にうつ病・うつ状態の多様性は重層性を帯びているために、混乱し易いものと思われます。私自身は、伝統的なうつ病を中心に据えつつ、難治例や非定型例の位置づけを常に意識しつつ、診断、治療に当たっています。(文責 大原一幸)。

 

2015-01-15 21:21:09

うつ病について